スポンサーリンク

結ばない靴紐の比較~”キャタピラン” vs ”The Friendly Swede”

結ばない靴紐として、「キャタピラン」と「The Friendly Swede」を愛用しています。いずれも専ら、トレーニングに使用しています。以下、両者の使用感の比較です(あくまで個人的感想ですが)。

※関連する記事は以下。

結ばない靴紐「キャタピラン」の使用感
結ばない靴紐「The Friendly Swede」の使用感
結ばない靴紐の問題点

1)装着

「キャタピラン」は、コブを靴穴に通すのに結構苦労します。ただし長さを調節するために切断したりの作業は不要です。一方、「The Friendly Swede」は、靴穴に通すのは簡単ですが、長さを調節する冶具に紐を通すのが多少面倒です。また、少し長めに作ってあるため、気になるなら無駄に長い部分を切断する必要があります。

2)ゴムの強さ

どちらも、ゴムが割と丈夫で、締め付けが結構強いため、長く走っていると足が次第に痛くなってきます。特に新品の状態だと、だいたい10kmくらいで、血流が悪くて足先が痺れる感じがしてきます。

3)調節

「The Friendly Swede」は、締め付け具合が調節できるため、痛くなったり痺れたりしたら対処は可能です。私は思いっきり緩めて使っており、スピードを出さなければ特に不具合はありません。一方、「キャタピラン」はコブによって長さが決まってしまうため、締め付け具合の調節はできません。

結ばない靴紐の問題点

結ばない靴紐の比較

こうして比較して見ると、改良すべきポイントが具体的に見えてくると思われます。メーカーの方々には、是非検討いただきたいところです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント