スポンサーリンク

スポーツ振興ランナー枠の参加料を確定申告で取り戻す(その1)~e-Taxの事前準備を確認

北九州マラソンスポーツ振興ランナー枠で参加料をふるさと寄附金として税金から一部を控除して貰うために、確定申告することにしました。

手段としては、税務署に行って手続き、書面を作って郵送、e-Taxの3通りあります。税務署や書面はやったことがあり、せっかくなので、この機会に、e-Taxに挑戦することに。

そこで、国税庁HPの「確定申告書等作成コーナー」にアクセス。すると、e-Taxを利用するには事前準備が必要とのことで、内容を確認。見たところ、意外と面倒な感じ・・・。

スポーツ振興ランナー枠の参加料を確定申告で取り戻す(その1)~e-Taxの事前準備を確認

まず、Step.1 「利用環境の確認OSブラウザPDF閲覧ソフト指定があります。

ブラウザはInternet Explorer、PDF閲覧はAcrobat Reader DCの決め打ち。私はどちらも使っていなかったので、改めてインストールを実施。

ところが、どちらも公式ページには、インストール方法が親切には記載されておらず、いろんなブログを参考にして、何とか完了。

次に、Step.2 「マイナンバーカードの取得。マイナンバーの通知は随分以前に来ていましたが、カードの申請はしていませんでした。

ちなみに、住基カードでも良いらしいのですが、私の住基カードは電子証明書の期限が切れてて使えませんでした・・・。ですので、後日、改めてマイナンバーカードの取得を行うことに。

次に、Step.3 「ICカードリーダライタの準備。これは幸い、以前に別の目的で購入したのが、すでに手元にありました。

ただし、このe-Taxに使える機種かどうかは不明。これは、実際に手続きしてみて確認したいと思います。

最後に、Step.4 「事前準備セットアップ。どうやら、平成29年度版の何らかの専用ソフトウェアを、インストールする必要があるようです。

ICカードリーダライタがあれば事前準備セットアップできるように思われますが、マイナンバーカードを取得してから、改めてインストールにすることにしました。

・・・しかし、事前準備だけで、結構手間暇がかかりますし、何より分かりづらい。電子政府への道のりは遠いですねえ・・・

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント