スポンサーリンク

大阪・淀川市民マラソン(大阪府、2019年)~河川敷を淡々と進んでサブ3.5

去る2019年11月3日(日)、大阪・淀川市民マラソン(大阪府)を、無事完走しました。

河川沿いのコースは、横浜鶴見川柴又100k赤羽・荒川しまだ大井川と、なぜか連続して撃沈しており、今回も覚悟をして挑みましたが、何とかかんとか、無難なレース運びとなりました。

アクセス・前日受付・宿泊

今回は、会場近くの大阪メトロ守口駅・京阪守口市駅の近辺で前泊。受付は前日のみ。天気が良かったので、淀川河川敷を散歩がてら受付へ。

太子橋今市駅の近くだと思っていたのですが、そこから上流へ約1km歩いたところが受付&スタート会場でした。早めに到着したので、まだ会場設営の準備中でした。

大阪・淀川市民マラソン2019

抜けるような青空に、スタート&ゴールゲートが映えます。明日はここから出発し、ここに向かって帰って来ます。

大阪・淀川市民マラソン2019

スタート前の状況

当日、気持ちよく晴れ渡った空が広がりました。駅から会場まで徒歩10分ちょっと。土手の上に上がると、会場は既に賑わっていました。

大阪・淀川市民マラソン2019

更衣室で着替えて、荷物預けは会場のいちばん端。そこからトイレに並びましたが、これが思いのほか長蛇の列。意外と時間がかかってしまい、済んだのがスタート5分前。スタートラインまでまた遠くて、並んだのがスタート2分前。ウォーミングアップの暇もなくスタート。

大阪・淀川市民マラソン2019

レースの状況と結果

当日、スタート時は日差しが少々強めで、若干暑い感じでしたが、レース後半は程よく曇ってきて、良いコンディションとなりました。水分補給を心配したのですが、エイドにドリンクは十分で問題なしでした。

河川敷のコースは平坦。後半に土手を上がって橋を渡るところが2ヶ所あり、そこだけ我慢して乗り切れば良いかな、と思っていたのですが、意外とダートが多くて苦戦しました。砂利や草地は体力をとても消耗します。

河川敷の往復で、あまり風景の変化はなくて単調。とにかく気持ちを切らせず、淡々と走り切ることを心掛けました。

大阪・淀川市民マラソン2019

前半、出遅れたこともあってペースがあがらず、身体の仕上がりも今ひとつだったので、重い脚をひきずりながら走る状態がしばらく続きました。サブ3.5のペースランナーもはるかかなた。

今回もタイムは諦めようか、と思っていたのですが、たまたま良いペースの集団にめぐりあって、何とかついていくように頑張っていると、15kmくらいから次第に調子が戻ってきました。

そこから、サブ3.5ペースランナーを追撃。25km過ぎくらいで何とか追いつき、しばらく並走。30km過ぎで追い抜き、逃げ切ろうと思ったのですが、ゴール直前で再び追いつかれてしまいました。

結果、ギリギリのサブ3.5でゴールに突入。もうひとつのレース運びでしたが、何とか目標タイムをクリアして、まずまず満足なレースとなりました。久々にトイレ休憩も無く走れたので、それも良かったかなと思います。

大阪・淀川市民マラソン2019

今回、高橋尚子さんがゲストで来ていて、いつものように、ゴール近くでランナー全員とハイタッチ。Qちゃんからはいつも元気を貰えて有難いです。

今回、参加賞にはanelloのバッグが!4,500円の値札が付いていて、参加賞にしてはちょっと豪華過ぎ。参加費が6,500円なので、エイドでの補給、完走タオル、完走後のマッサージなどを含めると、元を取った感あり。なかなか太っ腹な大会でした。

大阪・淀川市民マラソン2019

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント