スポンサーリンク

ナイキ ズーム フライの耐久性~約500キロ走った後、どのくらい劣化するか?

ナイキ ズーム フライNIKE ZOOM FLY新しく購入してから、半年ほど経過しました。

東北・みやぎ復興マラソンに投入して以降、フルマラソンのみ12回、合計500kmちょっと走行しました。

見た目はかなり傷んで来ていますが、体感的にはそれほど劣化した感じはありません。ただ、ザムスト(ZAMST)インソールを入れているので、その影響もあるかと思われます。

ただ、走行距離的には、そろそろ買い替え時かも知れません。そこで、実際にどのくらい劣化しているか使用前使用後を写真で比較してみました。

まず、底面から見たところ。ちょっと分かりづらいですが、トレッドパターン(底面の溝)が摩耗しており、黒いソール部材の一部が剥離しかけています。ホカ オネ オネ(HOKA ONE ONE)の場合と比べると、ソールの摩耗・剥離は大きめかと思われます。

ズーム フライの耐久性~約500キロ走った後、どのくらい劣化するか?

次に、側面から見たところ。地面を蹴って走るため、どうしても爪先が反る傾向があります。アッパーの前部が潰れているのはそのためと思われます。また、かかと部がせり出していますが、これは、私の走法が踵から着地(ヒールストライク)する傾向が強いためと思われます。さらに、外観(ソール側面のシワ等)、形状(底部のアーチ形状の変化)、長さの関係を見ると、全体的にソールが上下に潰れて変形している様子が分かります。

ズーム フライの耐久性~約500キロ走った後、どのくらい劣化するか?

次に、背面から見たところ。アッパーが左右に膨れて変形しているのが明確に分かります。また、若干ですが、ソールが潰れて左右に広がって変形している傾向が認められます。さらに、私の着地の癖によるものと思われますが、外側に傾くように変形しているのが分かります。

ズーム フライの耐久性~約500キロ走った後、どのくらい劣化するか?

最後に重量。インソールを装着した状態で、使用前は250gだったのが、使用後、250gと変わりませんでしたが、247g大きく減量していました。左のみが減ったのは、私のフォームが偏っているせいと思われます。しかし、3gもの減量は相当な擦り減り具合と言えます。写真では分かりづらいですが、左のソールが相当荒れた状態になっているのは確かです。

以上、ズーム フライが劣化する様子と共に、幸か不幸か、私のフォームの悪さも浮き彫りになってしまいました。シューズは買い替えを、フォームは矯正を、それぞれ十分に検討したいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント