スポンサーリンク

フルマラソンの個人記録~12年間の推移(2006~2018年)

2018年に走ったレースの振り返りをしたついでに、これまでのフルマラソンの個人記録も振り返ってみます。

初のフルマラソンは、2006年、河口湖日刊スポーツマラソンでした。それ以来12年、フルマラソンの出場回数は計62レースになります。

世間では、100レース以上走られた方々が何人もいらっしゃるので、それに比べればまだまだですが、個人的には、よくぞ走ったと思います。

それらの個人記録(ゴールタイム、グロス)の推移を、折れ線グラフにしてみました。初フルマラソンでサブ3.5を達成しており、12年を経た今でもサブ3.5ランナーなので、長く走ってる割に、たいして成長してないなあ、と思います。

2006~2018年のフルマラソンの記録の推移

過去5年分を拡大すると、以下の通りです。2014年は、全都道府県フルマラソン完全制覇を開始した年で、その翌年から、急激に出場レース数が増えております。それに伴い、徐々にではありますが、自己記録は伸びております。

2014~2018年のフルマラソンの記録の推移

傾向としては、秋シーズンの9~11月頃は調子が上がらず、年が明けた2~3月に自己記録を更新、というパターンが、ここ3年続いております。

これが踏襲されるなら、2019年2月のレースで、再び自己ベスト更新か?と期待されますが、果たして、そう上手く行きますか・・・

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント