スポンサーリンク

富士登山競走の思い出(2006~2015年)~3勝4敗1分け

過去に参加したレースの思い出を書き連ねて来ましたが、そろそろストックが無くなってきました。完走したことのあるレースで最後に書き残した”大物”は、富士登山競走。出場した8回分を、思い出すがまま順次、書き連ねたいと思います。

出走した8回のレース結果は、以下の通り、3勝4敗1分けです。(2009年は悪天候のため五合目打ち切り)。

  • 2006年 完走馬返し 1:08、五合目 2:13、八合目3:56、山頂 4:28
  • 2007年 完走馬返し 1:09、五合目 2:12、八合目3:56、山頂 4:29
  • 2008年 DNF馬返し 1:12、五合目 2:15、八合目4:00、山頂 4:36
  • 2009年 完走…馬返し 1:11、五合目 2:19
  • 2012年 DNF馬返し 1:09、五合目 2:17、八合目4:02、山頂 4:44
  • 2013年 DNF馬返し 1:10、五合目 2:17、八合目4:09
  • 2014年 DNF馬返し 1:12、五合目 2:18、八合目4:11
  • 2015年 完走馬返し 1:10、五合目 2:15、八合目3:56、山頂 4:28

2010年頃から、いわゆる”クリック合戦”が激しくなったように記憶しています。2010~2011年に出走できなかったのはそのせいだったかと思います。

ちなみに、宿を確保するのは2006年に出場した頃から大変でした。これは今でも同じかと思います。

完走できた時のラップタイムは、馬返しまでは68~70分、五合目までは2時間12~15分、八合目までは3時間55~56分、山頂到着が4時間28~29分。とにかくギリギリです。タイムにあまりブレが無いのが、少々驚きです。成長がないとも言えますが・・・

なお、私の各関門での通過タイムだと、特に五合目で渋滞に巻き込まれる可能性が高く、それも完走の成否を左右します。実際、五合目ではいつも殺気立った雰囲気で、無理な追い越しをするランナーが居たりして、怒号が飛び交うこともありました。

最初2回の完走時は未だ40歳前後、最後に完走したのは48歳。途中、完走できないことが続き、タイムも次第に落ちていきました。フルマラソンでもタイムが伸び悩んでいた頃で、富士登山競走での完走を諦めかけておりました。

一方、全都道府県フルマラソン完全制覇という新たな目標を掲げたのもこの頃で、その影響もあってか、最後の年の体調はかなり良く、五合目以降は、わずかながら自己最高のラップタイムでゴールすることができました。

この2015年のレースを最後に、富士登山競走は卒業としました。

最後に走った時のコースマップ↓(GPSデータを「ヤマレコ」に読み込んで表示)
富士登山競走の思い出(2006~2015年)~3勝4敗1分け

最後に走った時のラップタイム↓
富士登山競走の思い出(2006~2015年)~3勝4敗1分け

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 初めまして。全都道府県フルマラソン完全制覇楽しみにしております。富士登山競争の思い出懐かしく拝見させて頂きました。私は33年間で540位のレースを走っています。富士登山競争も64歳まで21回連続完走しています。100番以内6回はプチ自慢です。ウルトラマラソン100キロは61歳から走り始めて19回走り9時間18分、19分、22分がベスト3です。現在69歳もう速く走れ無いので楽しく走るのを心がけています。又お邪魔します。

  2. k.takaoさん、大先輩から拙文へのコメント、誠に恐れ入ります。マラソン歴、レースの数、富士登山競走やウルトラのタイムや戦績、あまりの凄さに、ただただ驚嘆するばかりです。そして、あまりの次元の違いに、ただただ愕然とすると同時に、やはり凄い人は居るものだと、改めて感じ入る次第です。持っているモノが違うと分かりながら、k.takaoさんの域に少しでも近づくべく、また新たな目標を設定しようかと思い直しております。刺激をいただき、誠に有難うございます!