スポンサーリンク

道志村トレイルレースは第二関門でタイムオーバー

去る5月13日(日)、道志村トレイルレース山梨県)に参加しました。

結果は、残念ながらDNF。参加したのは全長44.3kmのロングコース。第二関門(32.1km)の制限時間は7時間30。到着したのは7時間31分後

あと1分早ければ間に合ったのに、とも思われますが、第二関門到着時点ではもう、精神力と体力の限界を超えており、いずれにせよ先に進むことはできませんでした。

このレースはそもそもが厳しいコース設定なのですが、当日は後半から次第に雨脚が強まり、より厳しい状況となっていました。

もともと苦手なトレイルランニング。今回も途中で嘔吐してしまって、栄養補給もままならず、雨とぬかるみの中、とても厳しいレースを強いられました。

エネルギー切れと雨のため、体温も奪われていく状況で、スタミナが底を突いているのに、寒いから動かざるを得ないという、過酷な状況に陥ってしまいました。

幸い、第二関門手前4kmくらいは下り基調のロードであったため、何とか息を吹き返し、第二関門までは止まらずに走り切ることができました。つくづく、自分はロード向きだなあ、と思った次第です。

というよりも、トレラン用のトレーニングを全くせずに参加すること自体、大いに反省せねばならないですね。トレランとマラソンとは、かなり性質の異なる競技であることを、改めて思い知らされました。

何より、山を甘く見たことになり、大いに反省せねばなりません。そして、コース整備やサポートをしてくれたスタッフの皆さんにも申し訳ない。トレランのレース参加は暫く控え、修行(?)に励みたいと思います。

以下、元気な内に撮影した写真を、ほんのわずかですが、アップしておきます。

スタート会場。ラッキーなことに、美しい富士山が拝めました。
道志村トレイルレースは第二関門でタイムオーバー

スタート直後。先頭ランナー達は、途中渋滞を回避すべく、もの凄いスピードで駆け出して行きました。
道志村トレイルレースは第二関門でタイムオーバー

渋滞から抜けた直後。ノロノロと進みます。
道志村トレイルレースは第二関門でタイムオーバー

菜畑山。まだまだ序盤です。
道志村トレイルレースは第二関門でタイムオーバー

視界が開けたところに富士山。今回、富士山の雄姿にだけは恵まれました。以降、スマホはポケットに仕舞ったままとなりました・・・
道志村トレイルレースは第二関門でタイムオーバー

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント