スポンサーリンク

香住・ジオパークフルマラソン(兵庫県、2019年)~地元色が濃くて楽しい大会

先日(2019年4月27日)、香住・ジオパークフルマラソン大会(兵庫県、旧・但馬国)を無事完走しました。

※速報はこちら

アクセスと宿泊

今回は、豊岡駅の周辺で前泊。当日朝に香住駅へ移動することにしました。

前日昼過ぎ、京都駅からきのさき号に乗車。結構空いていて、自由席でも大丈夫でした。

香住・ジオパークフルマラソン2019

福知山駅で、向かい側ホームに停車中のの普通列車に乗り換え、豊岡駅で下車。このときは豊岡が終点。列車は折り返し福知山行きとなりました。

香住・ジオパークフルマラソン2019

切符は香住駅まで。豊岡駅では途中下車で改札を出ました。

香住・ジオパークフルマラソン2019

当日朝は、少々肌寒い曇り空。6時29分発、浜坂行きに乗車。

香住・ジオパークフルマラソン2019

列車の本数が少なく、余裕を持って会場に到着するには、ほぼこの列車に乗るしかありません。1時間くらいで香住駅に到着。

香住・ジオパークフルマラソン2019

香住駅前からは、小さなシャトルバスがピストン輸送で会場まで送ってくれます。歩いても15~20分ほどで着きます。

香住・ジオパークフルマラソン2019

コースの概要とレースの結果

30kmくらいまでは、高低差が最大で約80メートルあるアップダウンが繰り返される厳しいコース。海沿いなので風も厳しいです。

香住・ジオパークフルマラソン2019

しかし、日本海の荒々しくも美しい景色が、辛さを癒してくれます。景色が次々と移り変わって飽きることもなく、折り返しが多くてすれ違うランナーと励まし合ったりもできて、コースの厳しさの割には疲れを感じませんでした。

香住・ジオパークフルマラソン2019

アップダウンのお陰でペースは乱高下でしたが、それを事前に予想していたのと、天候があまり良くなかったのとで、少々控えめのレース展開をしたせいか、最後は気持ち良くゴールイン。無理かと予想していたサブ3.5も無事達成できました。

香住・ジオパークフルマラソン2019

レースの風景写真

スタート&ゴール会場は香住の漁港。小中学生が元気よく大声でボランティアにせいを出していて、とても景気の良い雰囲気でした。

香住・ジオパークフルマラソン2019

参加者数は全種目併せて2500名弱。トイレもさほど並びませんでしたが、気温10~12℃で風が強く吹き付け、待機中はとにかく寒かったです。

基本的に曇り空でしたが、陽が時折射したり、雨がぱらついたり、はっきりしない天候。レインウェアかウィンドブレーカーか、装備に迷うコンディション。結局、Tシャツのみ、ただし防寒用のグローブを装着してスタートしました。

香住・ジオパークフルマラソン2019

スタート直後の漁港の風景から、次第に日本海の絶景へ。思わず何度もシャッターを切ります。

香住・ジオパークフルマラソン2019

峠道になったり、再び眼前に海が出現したり、次々に景色が変わります。

香住・ジオパークフルマラソン2019

線路沿いを走ったり、線路の高架下をくぐり抜けたりも多く、列車が行き交うのを何度も見ることもできます。

香住・ジオパークフルマラソン2019

天候は次第に晴れ間が多くなって来ました。海からの照り返しもあってか、結構日に焼けました。

香住・ジオパークフルマラソン2019

海が間近に迫る砂浜沿いを走ることもあれば・・・

香住・ジオパークフルマラソン2019

すぐに打って変わって緑に囲まれた厳しい登り坂が出現したり、なかなか飽きさせません。

香住・ジオパークフルマラソン2019

最初の折り返し。長い下り坂を激走した後で、再び厳しい上り坂に向かいます。

香住・ジオパークフルマラソン2019

今度は右手が日本海。同じコースの往復でも、行きと帰りでは、風景もまた一味違って新鮮です。

香住・ジオパークフルマラソン2019

ふたつめの折り返し。この前後は割りと平坦。ここでペースを建て直します。

香住・ジオパークフルマラソン2019

そうこうしている内に、30km地点を通過。大きなアップダウンはこれで終わり。あとはゴールまで何とか押しきるのみ。

香住・ジオパークフルマラソン2019

時折垣間見える海は荒く、波が岩に碎け散っていました。シャッターチャンスを上手く掴めず残念。

香住・ジオパークフルマラソン2019

これが最後の折り返し。残り約5km。息が上がって来ますが、あと少しの我慢。

香住・ジオパークフルマラソン2019

海と緑のコントラストが素晴らしいです。この風景を堪能しながら、ラストスパートに入ります。

香住・ジオパークフルマラソン2019

ようやくゴールイン。楽しい日本海沿いの旅でした。

香住・ジオパークフルマラソン2019

レース後のおもてなしと参加賞

ゴール後、カニ雑炊、茹でガニ、サザエのつぼ焼きという、何とも贅沢なおもてなしが待っていました。カニの名産地、香住ならでは、漁港ならではのおもてなしですね。

香住・ジオパークフルマラソン2019

帰りの香住駅。ホームにはカニの爪のオブジェが。

香住・ジオパークフルマラソン2019

電車内で、貰った参加賞を開けてみると、驚きの海産物のセット!カレイやハタハタなどを干した物(要冷蔵)。早速、夕食に美味しく頂きました。ゴール後の食事といい、何とも地元色が濃く、香住の人々の心意気が感じられました。

香住・ジオパークフルマラソン2019

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント