スポンサーリンク

トレッドミルでインターバル~酸欠状態でロッカーを間違える

先日、トレッドミルでインターバル・トレーニングを行ったら、酸欠状態になってしまいました。

15km/h(キロ4分)で0.5~1km、6km/h(徒歩)で0.25kmの組合せを、計5セット行った後のことです。

トレッドミルでインターバル

※GPSウォッチの室内モードでの測定値なので、ペースも距離も不正確です。実際はこのグラフの3~4割増しで遅いです。

トレーニング終了後、若干ふらつきましたが、更衣室に戻るまで、意識は確かなはずでした。

ところが、自分のロッカーの場所が思い出せません鍵ナンバーを見ると「19」。でも「19」のロッカーは開きません。文字がカスれてるのかなと、「79」や「69」を開けてみてもダメ。

・・・そして、ようやく思い出しました。本当の鍵ナンバーは「61」。つまりサカサマでした・・・

それにしても、自分が着替えたロッカーの位置も思い出せず、更衣室を彷徨う羽目になるとは・・・。ちょっとした恐怖でした。

もしかしたら痴呆が始まってるのかもしれませんが、今回は酸欠が原因かと思います。また、体内にずいぶん熱がこもった状態にもなっていたので、血管が拡張して、脳が貧血状態でもあったかと思います。

準備体操は十分行い、筋トレもした後だったので、急激に運動量を増やしたつもりはなかったのですが、連続フルマラソンの疲労の影響もあるかも知れず、少々追い込みが過ぎたようです。

もう少し自重せねばと、繰り返し反省するのですが、調子に乗る癖は一向に治らず。しかし今回は少々参ったので、これからしばらくは、LSDかジョグに留めようか、と思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント