スポンサーリンク

トレニックワールドinおごせ・ときがわ30km(埼玉県、2017年)

2017年9月3日(日)、トレニックワールドinおごせ・ときがわ埼玉県)に参加しました。ミドルの部(30km)でした。

トレニックワールドinおごせ・ときがわ2017完走証

天気は晴れ、最高気温29.1℃、最低気温14.9℃(Yahoo過去天気より)。

前週に参加した筑波連山天空ロード&トレイルランinいしおか大会に続き、2週連続のトレランでした。晴れで気温も高めでしたが、山中を走っている間はあまり暑さを感じず、コース自体は比較的走りやすいトレイルだなと感じました。

前週の反省を踏まえ、今回は胃に負担をかけないよう、思い切って補給を最小限にする方針で臨みました。アミノ酸タブレット、塩熱サプリ、水だけで乗り切ろうという方針です。その代わり、朝食はしっかりとりました。また、前週は冷たい川の水で元気回復したので、保冷ポット(500mL)に氷入りの冷たいミックスジュースを持参しました。

結果、当たり前とも言えますが、20kmくらいで”シャリバテ”に見舞われ、足が止まってしまいました。肝心の胃の方は大丈夫かと思いきや、予想に反していつもと同じく気持ち悪くなってしまいました。

胃に内容物がない分、嘔吐は免れましたが、代わりに胃酸がこみあげ、喉がやられて声が出づらい状態になってしまいました。おまけに、普段はあまりない脚攣りにも見舞われる始末。やっとの思いでゴールしました。

ただ、保冷ポットで持参した冷たいドリンクは大活躍。特に氷が口とお腹にとても心地よく、いくらでも入る感じ。シャリバテの回復に役立ちました。ただ、如何せんカロリー不足。また、補給が遅れたためか、最後まで脚は回復しませんでした。

胃酸の方はあまり想定してなかったので、ガスターを飲んでおけば良かったかな、と思っております。また、脚が攣ったことを考えると、水分と補給食、それなりのバランスで摂取せねばと、改めて反省しました。

いずれにせよ、やっぱりトレランは苦手だなあ、と思いました。一方、ゴール会場でお風呂に入ることができ、これは最高でした。

なお、年代別順位を見ると、50歳になったばかりの私が、50歳台の真ん中以下だったので、トレランを走る”オーバーフィフティ”恐るべし、と思い知った1日でもありました。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント