スポンサーリンク

横浜瀬谷八福神めぐりで令和三年の初ランニング

相模鉄道が毎年実施している「横浜瀬谷八福神めぐり」に、初ランニングを兼ねて行ってきました。

 

七福神(大黒天、恵比寿、毘沙門天、弁財天、布袋、福禄寿、寿老人)に、ダルマ大師を加えた八人の神様を祀る八つのお寺を、順次めぐって印鑑を集めるスタンプラリーです。

横浜瀬谷八福神めぐりで令和三年の初ランニング

 

総走行距離は約13.8km。今日は割と暖かめでしたが、念のため少し厚手のウェアに。瀬谷駅で無料のスタンプ帳を入手し、ゆっくりジョギングでスタート。

横浜瀬谷八福神めぐりで令和三年の初ランニング

 

スタート地点は瀬谷駅。写真は南側からの絵ですが、スタンプ帳の推奨ルートは北側から。まずはダルマ大師を目指します。

横浜瀬谷八福神めぐりで令和三年の初ランニング

 

第一番札所は長天寺。室町時代の創建ということで、結構な歴史あるお寺。八福神のお寺は全て、平安時代から江戸時代と創建時期がかなり異なりますが、いずれも相当に古い由緒あるお寺のようです。

横浜瀬谷八福神めぐりで令和三年の初ランニング

 

次の札所まで、海軍道路沿いの真っ直ぐな道をひたすら進みます。東側には、返還された広大な旧米軍基地の敷地が広がっており、新たな開発を待っています。

横浜瀬谷八福神めぐりで令和三年の初ランニング

 

途中、八福神とは関係ないのですが、日枝社という立派な神社があったので、お参りして行きました。ちなみに、七福神は、ヒンドゥー教、仏教、道教、神道などの神様が混じっており、神仏習合の歴史もあって、神か仏かの区別が割と曖昧。あまり気にせず、普通に手を合わせて拝むことにしています。

横浜瀬谷八福神めぐりで令和三年の初ランニング

 

最後の第八番札所は全通院勢至堂。急な階段を上って、立派なお堂の前に到着。お参りして、ようやく横浜瀬谷八福神めぐりは終了です。

横浜瀬谷八福神めぐりで令和三年の初ランニング

 

スタンプ帳も八つの枠を全てコンプリート。だから何ということも無いのですが、小さなことでもひとつ達成するのは気持ちの良いものですね。

横浜瀬谷八福神めぐりで令和三年の初ランニング

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント