スポンサーリンク

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

先日(2019年6月9日)、飛騨高山ウルトラマラソン2019(岐阜県、旧・飛騨国)に参加してきました。

結果は、残念ながらリタイア。第四関門(約74km地点)でタイムオーバーでした。

ただ、またもやですが、完全に胃をやられてしまい、飲食を受け付けない状態だったので、事実上、レースの途中断念です。

これで、柴又100kに続いて連続リタイア。さすがに、100kmの完走は無理になってきたと、悟らざるを得ないのが現実です。

以下、リタイアまでの風景を見ながら、振り返ります。

前泊は高山駅周辺。当日は午前3時から、駅西口より順次、無料シャトルバスが出ていました。

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

午前4時45分と午前5時、2グループに別れてウェーブスタート。私は第一陣の白ゼッケン。第二陣は黄色ゼッケン。後から次々、黄色ゼッケンに抜かれることになります。

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

飛騨高山の古い町並を通過します。沿道の声援が熱かったです。

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

途中、ちょっと長めのトンネルを駆け抜けます。身体がフワフワとして、平衡感覚が少しおかしくなる感じがします。

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

第一関門(約21km地点)を通過。ここは、まだまだ余裕です。

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

ここから登りがキツくなります。徒歩が混じって、ペースは遅くなってきますが、焦らず地道に少しずつ進みます。

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

第二関門(約39km地点)を通過。登りもほぼここまで。この時点でも、まだ余裕がありました。

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

第二関門から間もなくコース最高地点。みな、記念撮影をして行きます。

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

ここから、約10kmの長い下り。ここから調子に乗って飛ばしてしまったのが、最大の敗因。

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

途中のエイドで休息が多くなり、第三関門(約58km地点)では、しばらく寝入ってしまいました。「あと10分で出発してください」というアナウンスを聞いて、慌ててランを再開。

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

千光寺まで登って下る、ここがトドメのダメージに。ただ、三味線の合奏は、とても勇壮で感動的でした。

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

途中で歩くことすらままならなくなり、座り込むことも増加。朦朧となりながら、10分くらい超過で第四関門(約74km地点)に到着。ここでゼッケンを外して、レース終了となりました。

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

今回、胃への負担を考え、なるべく食するのは控えて出走したのですが、それ自体は功を奏しました。第三関門までは割と無事に到達したので。

しかしながら、下りが激走気味になってしまい、胃へのダメージが蓄積してしまって、結果的に飲食を受け付けなくなってしまいました。このコースの下りは厳しいので、むしろ徒歩気味に進んだ方が良かったかも知れません。

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

飛騨高山ウルトラマラソン2019は関門オーバーでリタイア

今回のリタイアで、改めて、ウルトラマラソン完走への課題は、胃へのダメージを如何に防ぐか、だと分かりました。ただ、いろいろ試した挙句、良い策は見つかるに至っていません。健康への悪影響も考え、しばらく100kmは封印して、より短い距離で様子を見たいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント