スポンサーリンク

”和泉国”を走って52ヶ国を制覇・残り34ヶ国!

”五畿七道”旧国マラソン完全制覇は、先日のKIX泉州国際マラソン和泉国)で52ヶ国を制覇、完全制覇まで残り34ヶ国となりました。

※「KIX泉州国際マラソン2019」のレポートはこちら → 速報詳報

五畿七道旧国マラソン完全制覇マップ

※ 走破した旧国の内、フル以上は、ハーフはで塗りつぶしております。
※ 参加した大会名出走年を付記しております。

「和泉」といえば、大阪出身の私にとっては、自動車のナンバープレートが思い出されます。

私が大阪に住んでいた子供の頃、自動車のナンバープレートは「大阪」と「泉」の2種類でした。大阪府を南北に分け、北部が「大阪」、南部が「泉」でした。それに途中で「なにわ」が加わり、さらに「泉」が「和泉」に変更され、さらに「堺」がご当地ナンバーとして加わって、現在は4種類のナンバーが使用されています。

「泉」が「和泉」に変更されたのは、”泉ナンバーはイメージが悪いから”という話もありますが、ナンバープレートが一文字表記だった昔、「和」は和歌山が使うことになり、「和泉」を「泉」として区別していたところ、「和」が「和歌山」ナンバーになって区別の必要が無くなったから、という話もあります。

私が住んでた地域は大阪府の南部に当たるため、自家用車のナンバーは「泉」でしたが、そのイメージが悪いと知ったのは、大人になってからのこと。「泉」ナンバーにクラクションを鳴らしたらひどい目に遭う、といった話が、まことしやかに語られていたようです。

大阪出身の私から見ても、大阪府の南部はガラが良いとは言えませんが、ちょっと怖がり過ぎでは、とも思います。面白半分の都市伝説、という感じですね。ただ、おしなべて大阪の車の運転が荒いとは感じます。私の父も、よく愚痴っておりました。(幸いにしてまだ健在ですが、80歳を超えて、車は手放しました。)

ちなみに旧国制覇ですが、現時点では、あと5ヶ国の予定を決めております。不測の事態で中止もあり得ますが、何とか全て無事に完走したいと思っております。
● 能登和倉万葉の里マラソン(能登国、石川県)
● くすのきカントリーマラソン(長門国、山口県)
● 掛川・新茶マラソン(遠江国、静岡県)
● 津山加茂郷フルマラソン(美作国、岡山県)
● 香住・ジオパークフルマラソン(但馬国、兵庫県)

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント