スポンサーリンク

”五畿七道”旧国マラソン完全制覇への道

全都道府県フルマラソン完全制覇を達成して、3ヶ月が経ちました。

しばらくは気楽に走ろうと思い、島RUN、トレRUN、ウルトRUN!という企画を立て、これまで、島ランを1回、トレランを1回、ウルトラを2回、走りました。

しかし、トレランはタイムオーバー、ウルトラは嘔吐1回・リタイア1回と、気楽とは言えない結果続き・・・。早くも、この企画に疑問を感じはじめました。

  • 島ランは、確かに楽しいが、大会の数が少ない
  • トレランウルトラは、ほぼ必ず内蔵系のトラブルが発生し、正直、苦しい

加えて、ゴールの設定が無いため、全都道府県をクリアしていくような達成感に乏しく、物足りなさも感じておりました。

もちろん、憧れのサブスリー、といった目標はありますが、ハードルが高くて、達成できるかは全く不透明。ということで、何かもう少し、面白い企画はないものか・・・。

そこで思いついたのが、「旧国を巡る」という企画。

日本は古来、”五畿七道”という行政区画に区切られ、各々は複数の国(旧国)から成っていた、というのを昔習った記憶があります。

改めてネットなどで調べてみると、その成り立ちには諸説あるものの、おおむね以下の通りです。

  • 奈良時代から鎌倉時代にかけて、改廃を経て、五畿七道が成立。旧国数は68ヶ国。(対馬と壱岐を外して66ヶ国とする説もあり。)
  • 平安時代から江戸時代にかけては、旧国数に変化なし。明治維新後、北海道(11ヶ国)が新設され、五畿八道に。
  • 同じく明治維新後、陸奥が5ヶ国、出羽が2ヶ国に分割。
  • 琉球国は、五畿七道(五畿八道)に属さないが、明治維新後、行政区のひとつに。ここに至って、旧国数は合計85ヶ国に。
  • なお、春狩国が、武蔵国(現・東京)の一部に置かれたとする説もあるが、詳細は不明。これを入れるならば、旧国数は合計86ヶ国

ということで、86ヶ国という前提で、旧国の地図を作成し、走破済みのレースを追記して、”五畿七道”旧国マラソン完全制覇マップを作ってみました。(実際は”五畿八道+琉球”ですが、耳に馴染みあり歴史の長い”五畿七道”を使うことにしました。)

”五畿七道”旧国マラソン完全制覇への道

※ 走破した旧国の内、フルは、ハーフはで塗りつぶしております。
※ 参加した大会名出走年を付記しております。

これによると、制覇済は未だ48ヶ国完全制覇まで残り38ヶ国を走る必要があります。

マップを作ったら、やる気が湧いてきました。空白の国で開催されている大会があるか、探すのが楽しみです。

ただ、今度はフルマラソン限定、とは行かなさそうです。とりあえず、ハーフもOKということで、許容範囲を広げて探そうかと思います。

なお、千島国は、私が生きている間に制覇できるかどうか。これも、いつか走れることを夢見て、楽しみに待ちたいと思います。

ご訪問いただき、ありがとうございました。

コメント

  1. これはなかなかハードルが高いですね。そもそもレースを探すのが大変そうです。自分に置き換えてみるとまだまだです。

    最近の暑さで満足に走り込めなくなっています。わたしもモチベーションを上げるきっかけを探さないといけませんね。

  2. 確かに、レースを探せるのか、というのが問題なんですね。私もモチベーションが下がり気味ですが、とりあえずは探すこと自体を楽しみに、徐々に気分を盛り上げたいな、と思っております。