スポンサーリンク

活動量計を買ってみたのですが・・・

心拍数を測定するギアを持っていなくて、以前から欲しいと思っていました。心拍計測機能が付いているランニング・ウォッチも種々調べたのですが、どうも高くて手が出ません。

そこで、Amazonで安いものを探してたら、”活動量計”というジャンルが目についたので、安いものを探して買ってみました。(商品名は敢えて記載しません。)

売り文句を見ると、心拍計、万歩計、消費カロリー計、防水、睡眠計アラーム、遠隔カメラシャッター、SMS通知、着信電話通知、置き忘れ通知、音楽制御、長座通知など、機能は十分すぎる程に搭載されています。

何度か試してみたのですが、感想は”やや残念”。値段相応かと。具体的には以下の通りです。

以下、心拍数の表示です。まず、本当の心拍数より高めに出ます。また、表示までに結構時間がかかり、数値もあまり安定しません。さらに、ランニング中に心拍表示を継続できず、すぐにオフになってしまいます。再表示するにはタッチすれば良いのですが、かなり面倒。おそらく省電力のためと思いますが、これは正直不便です。
活動量計を買ってみたのですが・・・

以下、歩数計です。ジムで10km走った後ですが、だいたいこんなものかと思われます。
活動量計を買ってみたのですが・・・

以下、距離表示です。同じくジムで10km走った後ですので、2.25kmほど短いことになります。ただ、活動量計に距離精度を求めるのは酷かと思われます。
活動量計を買ってみたのですが・・・

以下、消費カロリー表示です。ジムのトレッドミルでは700kcalなので、かなりズレがあります。ただ、これも正確さはそもそも期待できないので、こんなものかと。
活動量計を買ってみたのですが・・・

以下、バンドの留め金具部分です。これが、なかなか穴にはまりません。これは、かなり致命的な欠陥かと思われます。
活動量計を買ってみたのですが・・・

加えて、野外で使用すると、バックライトが暗いためか、画面が確認しづらいです。一度だけ、マラソン大会で装着したのですが、快晴だったこともあってか、表示が見づらくて使えませんでした。

やはり、安いものはそれなりかと。睡眠計としては十分かと思われますが、ケチらず、ちゃんとした心拍計を選択すべきでした。

ただ、心拍計を買うにしても、画面の明るさ、数値の精度、数値表示の安定性、装着感など、ポイントが把握できたので、勉強にはなったかなと。(単なる負け惜しみですが・・・)

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント